カスピ海ヨーグルト 種

カスピ海ヨーグルトは健康効果が証明されているヨーグルトで種菌から作れます

コーカサス地方のヨーグルトを持ち帰った京都大学の家森教授が発見した乳酸菌はクレモリスFC株といいます。このクレモリスFC株はとても健康効果のあるヨーグルトを作り出し多くの人がその恩恵を受けています。このカスピ海ヨーグルトはフジッコから種菌を取り寄せれば、想像するよりもとても簡単にヨーグルトを作ることができます。室温で牛乳を注げばできるんですから、こんなに簡単な事はありません。

 

カスピ海ヨーグルトの健康効果

 

カスピ海ヨーグルトを食べてみれば、その粘りに驚くはずです。トルコアイスって知ってますか?あれほどではないですが、近いような粘りがあります。その粘りこそが普通のクレモリス菌にはない健康効果の元になるものなんです。

 

このクレモリス菌FC株は生きたまま大腸まで届くので、大腸の中で善玉菌が増えてきます。大腸が善玉菌で満たされれば健康に良いことは広く知られています。大腸こそ健康のかなめとも言われているように、健康を作り出すには大腸を善玉菌で満たすことが効果的です。

 

具体的には、便秘解消の効果にとどまらず、食後の血糖値の上昇を緩やかにし、ストレスで衰える肌機能を改善してくれたり免疫細胞を活性化するのでアレルギーの効果があると実験で証明されています。それに粘りがあるので嚥下機能の衰えた高齢者の食品としても非常に優れているんです。

 

このような健康効果や嚥下しやすい食品としてのカスピ海ヨーグルトは種菌を取り寄せれば簡単にできます。管理人もアレルギーがあるためこのカスピ海ヨーグルトを毎日作って食べています。副作用のあった薬をやめてこのカスピ海ヨーグルトの効果でアレルギー症状を軽減を目指しています。